海外で自分を試したいあなたへ・・・
トップ
ワーキング・ホリデー
留学
海外先での問題
サイトマップ

サイトの目的

このサイトは、ワーキング・ホリデー、および留学について知りたい人のためのサイトです。

ワーキング・ホリデーをしてみたいけど、ワーキング・ホリデーって何のこと?と思っている人から、どこの国がいいのかなと思っている人まで簡単なアドバイスとワーキングホリデー体験するために必要なその国の資格までをまとめました。

留学については、留学についての知識と歴史、アメリカとオーストラリアの特徴など準備の仕方をまとめました。

留学とワーキング・ホリデーの違い

表にまとめて見ます。

  ワーキング・ホリデー 留学
年齢 18〜30歳 学校受け入れ最低年齢を満たしていれば上限はない。
ビザ ワーキング・ホリデービザ

学生ビザ(3ヶ月未満で1コースに限った就学の場合は不要)

滞在期間 最長1年 1週間から希望に応じて
就学 3ヶ月までの短期プログラムのみ 1週間から希望に応じて
就労 同一雇用主のもとでは3ヶ月以内 基本的に不可

上の表から見る限り、留学は学生向けの制度で、語学を中心とした勉強をさせる物ですが、ワーキング・ホリデーは自己管理ができる大人を対象に行った者であると言えそうです。また、留学が勉強優先なのに対して、ワーキング・ホリデーは休暇を中心とした制度でもあります。

ワーキング・ホリデーに向いている人は語学習得だけでなく、旅行やボランティア活動などいろいろな体験もしてみたいという人。ワーキングホリデーは長期ホリデープログラムなので、基本的には観光するのも勉強するのも(期間制限はあるが)働くのもその人の自由。ただし、渡航する時点でそれなりの語学力があったり、社会経験が豊富だったりすると、自分のバックグラウンドを生かして、より実りあるワーホリ生活が送れそうです。

一方、留学に向いている人は自分の語学習得を中心とした勉強を行いたいという人。本物のその土地の言語(アメリカなら英語など)に触れて見たい子供(学生)向きだと言えるかもしれません。ただし、渡航するまでに、多少の語学力が必要だったり、受け入れ先(ホームステイ先)を探すなどの事を行う必要があったりなどしなければなりません。

つまり、しっかり勉強すると言った方は、学生ビザを取って「留学」、ワーキングホリデーは、「海外で仕事をする、生活できる」ということですので、その本質は「ホリデー=休暇、旅行」であり、「ワーキング」は資金を補充するための補助的な手段に過ぎないということです。ワーキング・ホリデーではという、この制度のもとでは、語学学校に通えるのは3ヵ月以内の短期プログラムに限られてしまう。「しっかり勉強」という人には、学生ビザを取得しての留学をお勧めします。

よく落ちる洗剤を通販で

日本刀を家に飾ろう

島原市の法律事務所

ペットシッター 三重県

和装前撮りは京都がおすすめ